« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月

2015.01.27

楽しい燻製生活【サーモスイージースモーカー】

ちょっと前にふらふらとネットを徘徊しているときに、気になるものを見つけたのですよ。

0

ウイスキーを愉しむカンタン燻製器セット

おうちで簡単に燻製出来るって、いいじゃん!
と思ってFacebookで書き込んだところ、食いしん坊の某氏がさっそく飛びついた。

燻製器が届いてからは、彼の燻製写真で連日フィードがおいしそうな状態に(^-^;)
我慢できずに私も買ってしまったのでした。

届いたものは、これ
サーモス 保温燻製器イージースモーカー/RPD-13

さっそく手近なもので燻製作りしてみましたよ。
まずは下ごしらえ。

1

下味をつけて、乾燥させるのがポイントのよう。
で、出来上がった燻製?は、おいしそうな色と香りがついて、
安物の素材でもごちそうに!

2_2

初回でこわごわやっていたんでちょっと燻製が甘かったんですが、それでも十分においしくて。
燻製って、とても大変なイメージがあったんですが、これはほんとにものすごく簡単で、
これはいい買い物をしました。

レシピ集にナッツを燻製にするって言うのがあったんで挑戦してみたんですが、
付属の網の目が大きくて、ナッツが落ちてしまうのが困っていたんですよ。
そこで、百円均一に行って小さいざるを入手。

3

チョイ背が高かったのをむぎゅっとつぶして(100円だしw)、

4

そこにナッツを入れて燻製してみたら、これが具合がいいのです。

5_2

2回に分けて燻製して途中で中身を一度かき回してやると、ほんとにいい具合にできました。

6_2

下味つけたり乾燥させたりがちょっと時間かかるけど、
一夜干し系や練り物、ソーセージ系はそのままちょっと表面かわかすだけでできるので、
簡単ですねぇ。

まだまだ買ったばかりであんまりつかえてないけど、
これからなんだかんだでお酒の肴作りに活躍しそうです。

そしてただ今、私の周りで燻製一大ブームが到来中です。


サントリーGoods Bar
ウイスキーを愉しむカンタン燻製器セット
http://suntory-goods.jp/shopdetail/00100000010
4


サーモス
保温燻製器イージースモーカー/RPD-13
http://www.thermos.jp/product/cooker/smoker/rpd-13.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.03

FUJIFILM X30 しばらくお借りしていました

去年、Facebookの東京カメラ部さんのキャンペーンで、FUJIFILM X30のモニター募集がありました。
当たりっこないよねぇ〜…と軽い気持ちで応募してみたら、なんと当たってしまって!11月終わりからひと月余りの間使わせていただくことができました。
Xシリーズのカメラはずっと気にはなっていたものの、今回お借りしたこのX30がFUJIFILMのカメラの初体験です。

使っているうちに、以前使っていたリコーのGX100を思い出しました。GX100の時もそうだったのですが、持ち歩いていても負担感の少ないコンパクトなボディで、毎日鞄に入れっぱなしにして持ち歩こうという気にさせてくれます。

コンパクトといってもそれなりの大きさと重さがありますが、これが私にはちょうどホールドしやすい大きさと安定してくれる重さでした。手に馴染む、といいますか。そして、さすがにXシリーズのカメラだけあって、撮れる絵も充分なクオリティ。そしてなにより、接写に強いのがすごく気に入りました。GX100を思い出したというのは、この接写の強さかもしれません。べったり寄ってマクロで撮るの、大好物です。

それと、レンズが明るいのもいいですね。電子ファインダーもとても見やすく扱いやすかったです。普段はファインダーを覗いて撮りたい派ですが、後ろのモニターも見やすいと思います。

しかし、不満なところも幾つかありました。
開放で撮った時のボケに関しては、バックによってあまりきれいでない時もあります。これはまあ、仕方ないとは思いますが。それから、青と赤が随分派手に出る気がします。

フィルムシミュレーションはちょっと使ってみましたけど、私はあんまり好きではありませんでした。わざとらしい気がして。

最大の不満点というか、次期モデルではぜひ変えて欲しいと思うところは、電源のオンオフスイッチです。レンズのところについているのは、とても使いにくかったです。レンズキャップをしている時には操作できないというのも、マイナスです。(撮影しなくても設定の確認やバッテリー残量を確認したいだけでも、レンズキャップを外さないとオンにできないですし。それから、コントロールリング設定ボタンに誤って触ってしまって意図せず設定を変えてしまったりもしました。私の場合、ちょうどグリップした時に触れやすい位置なので、これは困りました。
あとは、フジのカメラに慣れていないゆえのダイヤル類の扱いの戸惑いはありましたが、マニュアルなしでも概ね不自由なく使えました。

文句はいろいろ書きましたが、今、なにかコンパクトカメラを買うとしたら、おそらく私はこのカメラを選ぶと思います。鞄にいつもこれが入ってたらいいなぁ…と思えるカメラでした。

実は今回、ちょうどカメラをお借りする直前からちょっとプライベートでなかなかハードな状態になってしまったために、撮影に裂けた時間は実質5時間ほどしかありませんでした。
(しかも、モニターするにあたってのお題が「花」の写真…この季節に!苦しみましたw)
毎日鞄に入れていたものの時間的なものもさることながら精神的に余裕がなく、無理やり撮りに行ったという感じで。撮影中も今ひとつ入り込めないところがあったのがとても残念です。そんなやっつけ感満載であったにもかかわらずお任せでかなりの絵が撮れてしまって、思わず唸ってしまいました。

もうちょっと、楽しめればよかったなぁと、それだけが残念です。

今回貴重な体験をさせていただき、FUJIFILM様、東京カメラ部様、本当に有難うございました。

しかし、アレですね。
気になるカメラを長い期間試させてもらえるのはとっても嬉しいワクワクすることですが、気に入ってしまって欲しくなってしまうという危険をはらんでいるものですね。

あ…物欲が…w

FUJIFILM X30スペシャルサイト
http://fujifilm-x.com/x30/ja/

FUJIFILM Xseries Japan Facebookページ
https://www.facebook.com/FUJIFILMXseriesJapan

花の写真館(東京カメラ部分室)
https://www.facebook.com/FloralPhoto

東京カメラ部 Facebookページ
https://www.facebook.com/camera.jpn


X30で撮った花の写真、他にも私のFlickrのアルバムにあげています。
よろしければ見てやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »